みにちゃんねる in hanena

nyanny AKIBAさんの訪問記と ニコニコ超会議号の乗車記・一人旅の旅行記を綴っています。

【超会議号】ニコニコ超会議号2017を考査してみる【583系】 #超会議号

どぉも~ 5号車友の会、主催兼広報担当のミニラです。

10月になり、一気に寒くなってきて体調を崩す方が多いようですが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は元気です。

  

超会議号運行まで、193日とまだまだ半年以上ありますが、既に向谷さんからほんの少しですが、情報が出ています。今回はその内容を含めて記事を執筆します。

 

【ルートについて】

本日(10/17)現在、以下の内容が小出しされています。

・来年は鹿児島中央発で2泊で運転したい(10/9:九州鉄道フェスティバルにて発言)

鹿児島中央海浜幕張まで運行をするため準備中 

(10/16:ビナウォークでミニラとの会話で発言)

 

向谷さん本気ですね・・・!

 ただ、鹿児島中央海浜幕張となった場合は全てにおいて大変なことになります。

まず、鹿児島中央西鹿児島)~海浜幕張までの運行実績が0です。

一昔前は、東京~西鹿児島間で昭和55年から運行されていました。この時の時刻が

東京1645発~大阪008~広島441~博多910~熊本1058~西鹿児島1442

約22時間かかっています。

参考:夜行列車資料館−寝台特急「はやぶさ」運転時刻変遷

 

これが583系になり尚且つ海浜幕張まで延長となると、注目度は半端ないと思います。

恐らく、大阪~海浜幕張までのスジは今年と一緒かと思いますが、鹿児島中央~大阪までのルートがどのようになるか正直見当もつきません。

国鉄時代、大阪から西鹿児島まで14時間強かかっているのを考えても、鹿児島中央出発が本当に早い時間になると思います。最悪、前入りしないと乗れない!?という事もありそうですね。

車両も電車なので、ある程度時間短縮は見込めるかとは思いますが、それでも7~8時間かかると予想されますので、昼出発で20時頃大阪着。そのままいつものスジへといった感じになるかもしれません。

 

【料金について】

まず、新幹線で計算をします。

鹿児島中央~東京は、最速で6時間30分 料金は28820円です。(自由席計算)

日本旅行のツアーパッケージ(往復・ホテルつき)ですと、最安79200円~

強引に片道で計算をすると約4万円ぐらいです。ただ、利益面のことを考えると

+1万~1.5万は考えたほうが良さそうなので、5~6万円ぐらいと予想します。

 

参考程度に、今までの料金は以下のとおりです。(ホテル・ニコ超入場券なし)

【2012】27800円(ブルートレイン

【2013】27800円ブルートレイン

【2014】28800円ブルートレイン

【2015】9800円(ミステリートレイン)

【2016】26800円(583系)

 

【競争率について】

値段が高いと競争率が下がると思われがちですが、鉄道クラスタはお金持ちが多いので

可能性は低いのかなぁ・・と個人的には思ったりもします。

鹿児島中央海浜幕張間という前代未聞のルートとなると、恐らく10万出してでも乗車したい!という人はいると思うので、今年以上の覚悟をしなければなりません。

あまりこういう話をしたくないのですが、カシオペア北斗星の最終列車も数十万の値段で転売されているところを見ると、なんとなく納得できそうな気がしませんか・・?

 

後は、ニコニコ超会議に行くための列車なんだから、単に乗車目的の人はお断り!というルールを付けてほしいですね。今年、これだけが不満でした。

 

 

【5号車友の会の動き】

こんだけ長い時間となると、モバイルバッテリー関連がやばそうです。

今年の超会議号では、主要メンバーのバッテリーだけで30万mAhを所持していました。

海浜幕張到着時、1/3ぐらい残っていたのですが仮に鹿児島中央から運行となる場合、ニコ生関連でかなり苦労しそうです。Anker PowerHouse があれば一番ですが、今制作していないとの事で値段が10万円とぼったくり状態が続いています。

今年より、ビデオカメラ(SONY HDR-PJ790V)でのニコ生を開始しました。

これにより、ビデオカメラのバッテリーの消費問題が深刻な問題になってます。

ましてや、コンセント給電不可な状態が1日近く続くわけですから、どうやってやりくりするべきか真剣に考えなければいけません。

上記バッテリーのレンタルとかあればよかったのになぁ・・と思ったりも。

 

【最後に】

583系も40年選手なので、ここ最近ずっと引退が噂になっています。

今年運行が最後と言われつつありますが、今後どうなるかさっぱり分かりません。

仮に来年引退が決定なのであれば、超会議号の競争率は予想できないほどきつくなると思います。色々覚悟しなければいけませんね・・・。

 

また、情報が入り次第ブログを更新していきますので、よろしくお願い致します。